そもそも人間学とは何かブスの25箇条

知古嶋芳琉です。

ここでご紹介するのは、

私が入会していたマスタークラブのメールマガジン

記事です。提供してくださったのは、トレーナーの小野塚さん

です。彼は実に多彩な才能を持った人物で、彼の名刺を見た

ら、しばらく時が経つのも忘れて読みふけってしまいます。

メルマガの引用はここからです

宝塚歌劇団の舞台裏に

ブスの25箇条というのが貼ってあるそうです。

ブスの25箇条とは

1笑顔がない

2お礼を言わない

3おいしいと言わない

4目が輝いていない

5精気がない

6いつも口がへの字の形をしている

7自信がない

8希望や信念がない

9自分がブスであることを知らない

10声が小さくていじけている

11自分が正しいと信じ込んでいる

12愚痴をこぼす

13他人をうらむ

14責任転嫁がうまい

15いつも周囲が悪いと思っている

16他人に嫉妬する

17他人につくさない

18他人を信じない

19謙虚さがなく傲慢である

20人のアドバイスや忠告を受け入れない

21なんでもないことに傷つく

22悲観的に物事を考える

23問題意識を持っていない

24存在自体が周囲を暗くする

25人生においても仕事においても意欲がない

いかがですか?

これを見ていると外見や見た目よりも、メンタル面や普段の

心がけ、そしてコミュニケーション能力が大きく影響している

みたいですね。ちなみにブスという言葉の語源はというと、

トリカブトが持っている強い毒のことを附子ブスというの

だそうです。その毒が体内に入ると神経系の機能が麻痺し、

顔がこわばってしまうことにより、無表情な人のことをブス

と言うようになったそうです。

さあ、あなたも表情豊かな美人になりましょう!

メルマガの引用はここまでです

ここからは知古嶋芳琉が書いています。

こういう誰にでも当てはまる戒めの言葉は、積極的にパクッ

て、目立つところに掲示して、自分のセルフチェックをすると

いいですね。それも、すべて反対のことを対にして書き出して、

チェックリストにするのです。

もっとも効果があるのは、紙に書いて持ち歩く。そして1日に

10回以上見るのです。そして、もっとも大切なことは、すべて

逆のことが実行できるようになるまで、繰り返し反復による

自己訓練をするのです。

その目的は、繰り返し反復による潜在意識への刷り込み

です。潜在意識に刷り込まれたことは、無意識のうちに

その人を動かしてしまいます。

ですから、いい意味でのパブロフの犬みたいに反応してしま

う人間に変身できるわけです。そうなれば、どんな仕事でも

できる人になれます。

それに、存在自体が周囲を明るくする人になれます。

そうなることは、私が師事した安岡正篤師の教えである、

一燈照隅万燈照国を、体現する人物になることを意味し

ています。そういうことですから、人間として最も根本的本質

的な徳を身につけるための訓練トレーニングになる訳で

す。いわゆる人間力を磨くには、もってこいの訓練です。

安岡先生は、世界の歴史上、奇跡的な業績、つまり明治

維新が革命にならないで、維新で立派にやれた原因は、

幕府以来の学問教養人物のおかげであると言われました。

あの時代の歴史的な背景などについても詳しく解説なさい

ました。私は師の教えの要素を分析し、整理した、極めて

実践的で効果的な訓練プログラムを開発して参りました。

それは、安岡先生が語られる人間学が意味する領域でも、

かなりの領域をカバーするものです。

ですから、適切なトレーニングさえ積めば、業界や業種を

問わず、誰でも、ある程度のレベルに到達できるように

なりました。

その一端を申しますと、漠然と抽象的に人物を創ると

いうメニューでは、

セルフイメージを高めるというプロセスがあります。これは

自分の中に理想を持つことに当たります。言ってみれば、

聖人君子になれと言われてきたことを、具体的な日常生

活の中で行なう、理想の人物を演じるという訓練のメニュ

ーに載せて、実行するわけです。

たとえば、起業家を育成する集中講義をやっている、あの

スタンフォードのティナシーリグ女史が繰り返し書いていた

ように、自分に許可を出すという抽象的な言葉の意味する

ことを、具体的に訓練するのです。

ごく普通の平凡な人にとっては、聖人君子になれと言わ

れても、そんなことはできないと思ってしまうでしょうが、

そう思ってしまうのは、その人が持っているセルフイメージ

とか潜在意識がそう思っているからです。

ですから、このセルフイメージとか潜在意識を塗り替

えてしまえば、誰でも聖人君子のような人になってしまい

ます。このようなことは、心理学の研究成果として、確かな

実績とともに公表されるようになりました。あの世界的に有名

な人たちのコーチをやってきた、アンソニーロビンズも、

この方法を採用しています。その結果が出るまでの時間は、

驚くほど短時間に凝縮されました。私が師事したクリス岡崎

さんアンソニーロビンズのプラチナパートナーから

億万長者専門学校と名づけたセミナーを受講した際には、

最終日の3日目が終わった夜には、私のお客さまに対する、

私のコーチングのパワーとスピードは、以前と比べると

比較にならないほど強化されていました。その結果、

あるお客さまの会社の驚異的な業績アップとなって現われ

ました。そのお客さまは、私と最初に会った時は、その会社

を去って子会社に天下りするか、あるいはその会社に居残っ

て、給料は半分以下にされたあげく

後輩からアゴの先で使われる屈辱に耐えなければならない、

惨めな老後を過ごすかというような、自分の将来を下向きに

しか考えられなくて、極めて限定された選択枝しか考えられ

ない万年部長でした。また、私のように独立して企業家

社長になることなんて、とても考えられないと言っていま

した。ところが、功績が認められた彼の率いる部門は、その

会社から年間最優秀賞を受賞して、そのお客さまは

1年後には役員に抜擢されました。そのお客さまの収入が

跳ね上がったことは言うまでもありません。また、他のお客

さま大学教授や市議会議員から、

たった15分の

電話でのコーチングの価値が100万円だとか、

1時間ほどの面談の価値が300万円だと、

身に余る高い評価をいただきました。

たった30万円あまりのお金と3日という短期間で、

このような結果が出せるようになってしまいました。

たった3日間の

億万長者専門学校と名づけたセミナーを受講しただけで、

私はこんなことをまるで当たり前のことだと言い張るだけで

なく、九州は福岡市の経済記者クラブと、お隣の北九州市

経済記者クラブに正式に発表して、自宅にも看板を出す

という、超具体的な行動をしてしまう人間になりました。

たった3日間の億万長者専門学校と名づけたセミナーの

効果とは、そういうものなのです。ただし、個人差があまりに

も大きいのも事実です。誰でも私のように変われると思った

ら大間違いです。どんなに小さな会社でも、法人を所有すると、

こういう事が当たり前になります。ところが、普通の人が起業

して会社を作ったとしても、ここまで積極的に自社のアピール

をすることはできません。なぜならば、事は簡単です。経験も

なければ知識もないからです。商工会議所がどういうものな

のか、経済記者クラブがどういうものなのか、それすらもよく

知らないし、出かけてみたこともなければ、担当者とじっくりと

胸襟を開いて話してみたこともないという人が圧倒的に多い

のです。その点、九州の片田舎とはいえ、私は勤めていた

会社で、自社の株式上場事務や日常の株式事務の経験も

あれば、年中行事の株主総会の開催なども永年にわたって

やってきたし、上場企業としての企業広報も担当していたの

で、企業のに関しては、普通の人とはかけ離れた感性を

持っております。

では、なぜそのような感性を研ぎ澄ますことができたのか

というと、どんなボロ会社でも、社会に対してその存在を知ら

れなければ、無きに等しい存在となるからです。要するに、

社会からの認知度が無いに等しくなるわけです。そうなって

は社員も働く意欲は薄れてしまうし、知名度だけでも上げて

やらなければ、もし若い社員に結婚の話が出たとしても、

誰も知らない企業に勤めているというよりは、少しはその名

を知られた企業に勤めているといったほうが、好感度は桁違

いに違います。しかも、株式を上場しているというだけで、

社会全般からの信頼度は、未上場の企業とは全く異なり

ます。では、なぜ社会からの信頼度が桁違いに違うかと申し

ますと、上場企業には非常に厳しい情報開示義務が課せら

れるからです。今なら3か月ごとに決算発表をしなければなり

ません。昔なら半年に一回で済みましたが、現在ではそれほ

ど頻繁に営業成績や財務内容を事細かに記した財務諸表を

公表しなければなりません。これは投資家保護が目的なの

ですが、売買が自由な有価証券を発行している企業なら

当たり前のことです。それにも増して、企業のあらゆる行動も

社会に公表して広く一般の人たちからも高い好感度を持って

認めてもらうことが企業広報担当者の大切な仕事になります。

ですから、私が企業広報を担当していたときは、

毎月の自社の報道件数が、私たち広報担当者の業績として

評価されました。これが営業マンなら、売り上げ金額といった

ところでしょう。そのような修羅場を経験してきたので、

独特の鋭い感性が磨き抜かれたのだと思います。ですから、

私は普通の人とはかなり感性が違うのです。

そのような、

並外れた感性の持ち主が

30万円ほどのセミナー料金を支払い、

3日間の億万長者専門学校と名づけたセミナーを

受講するために、

九州の片田舎から

4泊5日の旅費と交通費をかけて、

わざわざ東京まで出かけたのですから、

それだけの投資は

何百倍にもして取り返そうと思うのは、

ごくごく自然な心理であります。

ですから、私がこのように変われたのは、

ごくごく自然な成り行きだったといってもよいでしょう。

誰もが恐れてやらないようなことでも平気でやれるような、

タフなメンタルが鍛えられていたからこそ、私のような人間が

できたのだと思います。

やはり、

人がやらないような、

様な経験はしておくものです。

ところが、

成功できない人は、

どんなに卑怯な手段を使ってでも

これらの絶好のチャンスから逃げるのです。

しかも、

それがクセになっています。

もっと悪いことに

他人のチャンスまで奪ってしまうので、

決して近づけてはなりません。