お店探訪⁉ 食べログ⁈ ( ブログバトン )

 

本日のランチは、お寿司屋さんで「海鮮丼ランチ」

なんの変哲もない海鮮丼!?

 

にゅう麺と小鉢付き

 

これで750円ならランチとしてはフツーなんでしょうけど

富山勤務を経験してると”寿司”は「鮨」

「魚が旨い→魚・旨→鮨」ですからねぇ〜

 

富山なら極上の握りだって3,000円でおつりがくる店が多いけど

こっちじゃそうもいきません

たまには、目の前で握ってもらって食べたいモンです 

と、鮨<寿司>のハナシじゃなくて、昨日のランチ話 

 

昨日は、近くの喫茶店で「イタリアンスパゲッティ」を食べたんですが

これって、ナポリタンじゃないの?

 

ん? イタリアンとナポリタンってどう違うのよ?

ナポリってイタリア南部の街でしょ、どっちもイタリアンじゃん???

 

最近スパゲッティとは言わず ”パスタ”と呼ぶようになっちゃったけどさ

この2つなにが違うんだ???

 

ググってみると

ナポリタン”はスパゲッティをタマネギ、ピーマン等と共に

トマトケチャップで炒めた洋食で

第二次大戦後、日本で作られはじめた“日本料理”となってるけど

 

イタリアンのほうは面白いですヨ!!

 

関東/具材はナポリタンとほぼ同じだけど

ケチャップを使わずにただ塩と胡椒(と醤油等)で味付けし

油炒めしたスパゲッティの事を「イタリアン」と呼ぶ。

 

関西/一部の喫茶店において、ナポリタンをイタリアンと呼んでいる。

(補追)

昔は一部ではなく、近畿地方(特に大阪)でイタリアンと表記・呼称していた。

 

中京/一部の喫茶店ナポリタンに似た独自の料理をイタリアンと呼んでいる。

店により違いはあるが、熱したステーキ皿にナポリタンを盛り、

溶き卵を流し込む場合が多い

このため、「鉄板スパゲティ」や

「鉄板イタリアン」、「鉄板ナポリタン」とも呼ばれ

店舗によって呼び名が異なる。

 

この中京圏のイタリアンには補足があって

この鉄板スパゲティの発祥は名古屋市東区市にある「喫茶ユキ」で

1961年(昭和36年)に誕生した。

当時、店主がイタリア旅行でスパゲティを食した際、

途中で冷めてしまうのを不満に思い考案したもの

となってます

 

「へぇ〜、そうだったのかぁ〜」(ってケンミンSHOWみたい!)

喫茶ユキ  名古屋市東区j3-17-42

 

これは、行ってみるしかないっしょ