台風13号...大雨長引くおそれ 関東上陸か ( 日々の出来事 )

強い勢力の台風13号が、日本列島に接近している。8日から9日にかけて関東地方に接近し、上陸するおそれがある。雨が長引くおそれがあり、厳重な警戒が必要となる。日本の南を北上中の台風13号は、8日から9日にかけて、暴風域をともない、関東地方にかなり接近するおそれがある。8日正午までの24時間に予想される雨量は、多いところで、関東甲信地方で100mm、東北地方、伊豆諸島で80mm。そのあと9日正午までの24時間で、さらに、関東甲信地方で300mmから400mm、東北地方で200mmから300mmとなっている。台風が近づいている三宅島では、予定を早めて島を離れる観光客らの姿が見られた。観光客は、「(いつ帰る予定だった?)9日(に帰る予定だった)。北海道なので、台風と一緒に飛行機に乗っていかなきゃならないので、来る前にと思って」、「だんだん、波もうねりが出てきたんじゃないですかね」などと話した。総雨量が多くなるおそれがあり、土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒が必要となる。7月、台風12号の高波でガラスが割れ、

5人がけがをした静岡・熱海市のホテルでは、7日朝、レストランが本格的に営業を再開した。割れたガラスの代わりに、鉄板を使った壁が設置され、近づく台風13号臨機応変に対応したいと話す。ホテルニューアカオ 広報・三浦 望さんは、「台風の進路を注視するとともに、被害のあった2階のレストランですとか、1階の場所を封鎖することも、現在検討しております」と語った。